イタリア語

イタリア語の数字の覚え方!発音/表記に注目 100まで100以上

Ciao! チャオ! メリです。

車好きの方ならご存知でしょうか?
こちらの車

イタリアの自動車メーカーFIATの看板とも言える「500」。このレトロなモデルは今は見かけることが少なくなりましが、やっぱりかわいい。

イタリアでは5台に1台ぐらいの割合で走っている「500」、日本でも見かけたことがある方は多いのではないでしょうか。

なんと読むか気になりますよね。もちろん「ごひゃく」ではありません。

 

話は変わりますが、

私のいとこの子ども3歳、
彼はイタリア語で1から10まで数えられます!

 

2019年年末、イタリアに続き日本でも結婚の儀式を行うため帰国。
その時に初めて会った8か月のいとこの子ども。

 

いとこは、イタリア人夫(通称:イタ夫)からイタリア語の数字を教えてもらって毎晩お風呂のたびに一緒に数えたそうです。

あれから2年半…継続は力なり。年齢は関係ありませんね!

 

ちなみに、私たちの息子(通称:ハーフ君)1歳もイタ夫が数字を数えるを聞くのが大好きです。

 

この記事では、イタリア語の「数字」を紹介していきます。イタリア語で数が数えられたらカッコイイですよね。

自分の好きな数字、誕生日、年齢、お金、語学学習にも、数字の言い方は覚えておいて損のないものです。
イタ夫式の覚え方で、何度も繰り返し発音しながら覚えていきましょう!

 

イタリア語の数字の覚え方 100まで 発音と表記

イタリア語の数字 0~10

0 zero ーロ

1 uno ーノ

2 due ドゥーエ

3 tre ト

4 quattro クゥットロ

5 cinque ンクエ

6 sei ーイ

7 sette ッテ

8 otto 夫 おっと… ット

9 nove ーヴェ

10 dieci ディエチ

発音の太文字のところがアクセントです。

 

まずは、この1~10までを暗記します。
繰り返し繰り返し、毎日お風呂で10まで数えてみて下さい笑

 

イタリア語の数字 11~20 ここは曲者

11 undici ンディチ
※1+10のイメージ

イタ夫(イ):ウノディエチではありません。
メリ(メ):そうなら簡単なのに。日本の11「じゅういち」的発想。。

 

12 dodici ーディチ
※2+10のイメージ

イ:ドゥエディチでもありません。

 

13 tredici トディチ
※3+10のイメージ

メ:あ、これは覚えやすい。

 

14 quattordici クゥアットー)ディチ
※4+10のイメージ

イ:rはできるだけ舌を巻きましょう!
トーの後に小さい「が入るイメージで。
メ:「」? それより、oはどこへ…?

 

15 quindici インディチ
※5+10のイメージ

メ:え?なんでー!?
イ:チンクエディチって言いにくいからです。
メ:あー日本語もそういうのよくありますよね。それにしても変わりすぎじゃね?

 

16 seidici イディチ
※6+10のイメージ

メ:そうそう。次はセッテディチ…?

 

17 diciassette ディシャッテ
※10+7のイメージ

メ:言い方めっちゃ
変わったやん!!
イ:英語でも13からthirteenっていきなりteenがつき始めるようなものです。(冷静)
メ:そう言われればそうなのか。。

 

18 diciotto ディショット
※10+8のイメージ


イ:発音に気をつけましょう。
ディシャオットではありません。
メ:ディショット ディショット ディショット
練習あるのみ…

 

19 diciannove ディシャーベ
※10+9のイメージ

 

20 venti ヴェンティ


メ:また新しいのキター!
イ:ドゥエディエチとかディエチドゥエとかではありません。
メ:日本の数字の覚えやすさよ。。

 

11~20は、レベル高めですが、私のように愚痴を言いながら覚えてみてください。その方が頭に入ります。

 

イタリア語の数字 21~ ほぼ規則的 ほぼ…です

おめでとうございます。ここからは、やっと日本語の数字のような言い方になっていきます。

21 ventuno ヴェントゥーノ
※20+1のイメージ


イ)さっそくですが、ヴェンティウノではありません。
メ)iが消えちゃうのね…

 

22  ventidue ヴェンティドゥーエ
※20+2のイメージ

23  ventitré  ヴェンティト
※20+3のイメージ


イ)20以降の「3」、23、33,43…、は「tré」と書きます。
短く鋭い感じで「ト
メ)ほー

 

24  ventiquattoro ヴェンティクゥットロ
※20+4のイメージ

25  venticinque ヴェンティンクエ
※20+5のイメージ

26  ventisei ヴェンティーイ
※20+6のイメージ

27  ventisette ヴェンティッテ
※20+7のイメージ

 

メ)何かいい感じ!

 

28  ventotto ヴェンット
※20+8のイメージ


イ)ヴェンティオットではありません。
メ)おっとっと…

 

29 ventinove ヴェンティーヴェ
※20+9のイメージ

30 trenta ンタ

 

イ)一気にいきましょう。
ここも覚えるしかないってやつです!

40 quaranta クゥアンタ

50 cinquanta チンクンタ

60 sessanta セッンタ

70 settanta セッンタ


メ)60と70…激似じゃない!?

 

80 ottanta オッンタ

90 novanta ヴァンタ

100 cento チェント

 

達成感… 半端ない!!

 

言い方は規則的になっていきます。

1と8は言い方が変わるので注意!
逆に言えば、1と8だけ気をつければいいのです!

31 trentuno トレントゥーノ
38 trentotto トレンット

41 quarantuno クワラントゥーノ
48 quarantotto クワランット

51 cinquantuno チンクワントゥーノ
58 cinquantotto チンクワンット



こうやって見ていくと、これはこれで規則的ですよね。

 

 

イタリア語の数字の覚え方 100以上 発音と表記

ここからは、さらに大きい数字もさらっとご紹介していきます。
億万長者になったときのために練習しておきましょう。

100 cento チェント

イ)unocentoとは言わないので気をつけてください。
メ)uncentでもないのね。
イ)centはcentです。

 

200 duecento ドゥエチェント
※2×100のイメージ

300 trecento トレチェント
※3×100のイメージ

イ)では、FIAT「500」の読み方は?

 

 

メ)cinquecent! チンクェチェント
イ)ピンポーン!
メ)イタ夫の発音は チンコチェント に近いね。

 

1,000  mille  ミッッ

メ)milleもmilleだけなのね。
イ)ダブルエル mille なのでためて言ってください。

 

2,000  duemila  ドゥエーラ
※2×1000のイメージ

イ)2000からはmille→milaになります。
メ)ちょいちょいややこしくしてくるよね。

 

3,000 tremila トレミーラ
※3×1000のイメージ

 

 

いよいよ来ました!100万!

1,000,000  milione  ミリーネ

メ)ミリオネアに近いね!

 

2,000,000  due milioni  ドゥエミリーニ
※2×1,000,000のイメージ

イ)2,000,000からはmillione→milioniになります。
メ)複数になると言い方が変わるってことね。

 

3,000,000 tre milioni トレミリーニ
※3×1,000,000のイメージ


 

0がたくさんつくとよく分からなくなるのは私だけでしょうか?
はい。数字弱いです。。

 

余談…

海外では、0が3つで区切られるのでそこで言い方が変わってきます。
日本語は「万」がかなりの位置を占めているので、私はいつも大きい数字を日本語から他の言語に言い換える時に悩みます。

例:
日本 300000 30万(さんじゅうまん)
※30×10000
イタリア 300,000 トレチェントミー
※300×1000

 

 

イタリア語の数字 読み方/書き方をチェック!

今までに学んだことを活かして、3問いきましょう!
発音と表記を確認してみてください。

①68

 

②101

 

③2022

 

 

 

では、答え合わせ。

①68 sessantotto セッサンット

 

 

②101 centouno チェント

イ)centunoではありません。centoからはoが復活します。
メ)えーなしてー?ルール統一しようよー。

 

 

③2022 duemilaventidue ドゥエミーラヴェンティドゥー

メ)長い―。。こんなにアルファベット続くとしんどい。。
イ)文句を言わない。

 

 

さいごに

ここまで読んで下さってありがとうございます。Grazie!

数字が大きくなればなるほど、言い方は複雑になってきますが、基本は1から10。

 

誕生日を聞かれたり、年齢を聞かれたり、年収を聞かれたり!?したときに、カッコよく答えられるようになりましょう!